わかば-日本たばこ産業(JT)/日本

銘柄-メーカー/国:わかば-日本たばこ産業(JT)/日本
サイズ: ロングサイズ(80mm) フィルター:アセテートフィルターのみで活性炭フィルターはなし。 1本当りの価格(パッケージの値段−本数):14.5円(290円−20本) 葉組:不明だが、熟成の浅いヘイタイプのバージニア100%で葉脈が多いと推測 添加物:体感的にはなし 香料:なし 味:ここまで評価が別れるたばこもないだろう。 値段の安さからいかにも安タバコ!と思われ人前で吸うのが恥ずかしい、年金生活のおじいちゃん御用達など言われたい放題である。 旧三級品であり品質のばらつきがあり、葉脈や茎などが多いとされるが、そんなもんはどうでもいい事。 何故評価が低いのかと言うと、買ったばかりの湿度管理していない状態で吸っているからと予想する。 たばこ好きには当然の知識なので書かなくてもいいかと思ったが一応書いておく。 たばこは乾燥した状態で吸うと辛味が強く、香りも感じられない。 なので加湿してから吸うのだが、わかばはまず先にツツジのような甘みが来て そのあと緑茶のような畳のような干し草のような香りがする。舌にも少し残るスッキリした甘み。 (知ってた?舌に感じるタバコの甘みってタールなんだよ。) 熟成の浅さから来る香りである。 日本茶のようなあっさりスッキリ感がとても日本人に受けると思う。 とても日本的な味わいのタバコなので、 海外旅行の際は知り合った外国人に1本吸ってもらおう。 一発で日本の良さが分かると思うし、ウケが良い。 余談だがインド滞在中にもこの手の庶民派安タバコにお世話になった。 Panamaだったかな。 とにかく変に香料などで小細工しない良いたばこだ。 フィルターもアセテートフィルターのみで、活性炭フィルターのようなタバコの味を殺すフィルターは付いていない。 気になる人はフィルターを取って吸っても良い。自分はそうしている。 (なのでタール数、ニコチンは書いていない。肺喫煙派は当ブログが全く役に立たないであろう事を先に書いておく。) 肺喫煙を辞めて口腔喫煙をしている人なら手放しでオススメ。 リピートの可否:可。常喫銘柄である。 紙巻きなので当然紙臭さはあるが、安いし最近どこのコンビニなどでも買える。 葉巻やパイプと比べなければとても良いタバコだ。

コメント

人気の投稿